【STEP3】転職の成功

子育て世代の看護師さん必見!子育てしやすい病院に転職する方法

はじめに

本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師へ向けて書いています。

本記事を読めば、子育てや仕事の悩みを見つめ直す機会をもつことから始まり、段階をふんでスムーズに転職することができます

総合病院など多忙な職場で看護師をしていると、

  • 毎日の業務に追われ
  • 患者にも家族にも気をつかい
  • オマケに医師や上司のごきげんも伺いながらヘトヘト

ですよね。

さらに追い討ちをかけるように

勉強会だ〜。
看護研究だ〜。

って、

いったい私たちのやすらぐ場所はどこ?

っていう状況です。

そんな仕事をこなしながら子育てに向き合います。

しかし、十分な時間も気持ちに余裕もないので

もっと子どもたちと関わりたい!

と叫び

ちゃんと関われなくてごめんね。

心で泣いている方が多いのではないでしょうか。

じゃっきー
私は9年前、看護大学の教員で仕事や研究ばかりしていました。

子育てはすべてにおいてつま任せだったのです。

しかし!

教員4年目のとき、

  • 子育てにしっかりと関わりたい
  • 家族との時間を大切にしたい
じゃっきー
それが自分の本当の気持ちなんだ!

という自分の根幹の部分に気づける出来事があって即行動

じゃっきー
大学教員を辞めて看護師になったんです。

その私の選択に微塵みじん後悔こうかいもありません。

  • 妻や子どもたちと触れ合う時間が増えた
  • 子育てや家事、妻との会話時間が圧倒的に増えた

のは言うまでもありませんから。

私はその転職で、

  1. 残業がない
  2. 有給休暇が取りやすい
  3. 家から近い
  4. のんびりと看護ができる

といった視点から転職サイトを通じて条件にあう病院を見つけていただいたのです。

転職から9年間、子育てと家族との時間が取りやすい職場で、看護師主任として務めている私が、

じゃっきー
子育てしやすい病院へスムーズに転職する方法をご紹介していきます。

転職方法は、「STEP1からSTEP3まで」と段階的になっており、一歩ずつ順番に進めていくと、迷うことなく子育てしやすい職場を選んで転職できるようになっています。

転職までのステップ

  • STEP1 「子育てと仕事の悩み」を再確認し、転職の下準備をしよう!
  • STEP2 子育てしやすい転職先を徹底解説!メリット・デメリットを知ろう!
  • STEP3 転職サイトに登録して、トラブルなく転職に成功する方法

悩みを解決!

  1. 悩みを明確にして将来どうしたいのか考える
  2. 現職を退職するにはどうしたら良いの?
  3. どんな働き方が理想的?
  4. 転職ってどう進めていけば良いの?
  5. 転職後に看護師を続けられるかなぁ?

といった悩みをすべて解決します。

じゃっきー
私が経験してきた道をたどりながら進むと、自分にピッタリあった道にたどり着いているというイメージでOKです。
  • 子育てや仕事のことで、自分だけが悩んでいると思っていませんか?
  • 看護師をしていたら十分に子育てに関われない、なんてあきらめていませんか?
じゃっきー
大丈夫、安心してください。

みんな同じように悩んで考えて行動しているんです。

  • 子育てもしっかりできて
  • 仕事だって生き生きと働ける

そんな看護師の職場は必ずあります

じゃっきー
とにかく、わかりやすく迷わないように転職でき、職場が決まってキラキラした看護師ライフができるまで私がご案内させていただきます。

 

【STEP1】 「子育てと仕事の悩み」を再確認し、転職の下準備をしよう!

看護師によくある子育てと仕事の悩み

看護師の子育てと仕事について、よくある悩みはこちら

よくある子育てと仕事の悩み

  1. 正社員で働きにくい
  2. キャリアアップがむずかしい
  3. 子どもの体調不良で急な休みが必要になる
  4. パートナーの協力が得られない・少ない
  5. もっと子どもが欲しいけどお金がない
  6. 子育てにほとんど関われない
  7. 休日も仕事に時間を奪われる
あ、私もそう!

と思うところもあれば、

この悩みは違うな〜。

と感じるところもあるでしょう。

自分が何に悩み、何を大切にしているのか

を明確にするために大切なことは、一度立ちどまって考える機会をつくることです。

  • イキイキと仕事ができる時間も
  • たっぷりと愛情を注いで子どもと関われる時間も

立ち止まる機会がなければあっという間に過ぎていきます

「悩み」と「大切にしたいもの」

この部分がはっきりとしたとき、将来へむかって自分の意志に沿った行動が取れます

じゃっきー
今の悩みに対して立ち止まり考えることは、大切な人生を大事なひとたちと楽しく自由に過ごせるきっかけとなるでしょう。

【もう少し詳しく考えたい方は以下の記事をご覧ください。】

子育てとの両立なんて無理?看護師によくある子育てと仕事の悩み

こちらもCHECK

子育てとの両立なんて無理?看護師によくある子育てと仕事の悩み

はじめに 本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいと考えているけれど、それができなくて悩んでいる看護師さんへ向けて書いています。 本記事を読めば、子育て世代の看護師によくある悩みについて知ることが ...

続きを見る

目次へ戻る

看護師の子育てと仕事の悩みに向き合う6つの方法を伝授

じゃっきー
看護師といえば女性が多い職業ですよね。

子育てをしながら看護師をしていると、

  • 正社員で働きにくい
  • キャリアアップがむずかしい
  • 子どもの体調不良で急な休みが必要になる
  • パートナーの協力が得られない・少ない
  • etc

といったたくさんの悩みが出てきますよね。

じゃっきー
そこで、看護師の子育てと仕事の悩みについて、どのように向き合えば良いか具体的な6つの方法をします。

子育てと仕事の悩みに向き合う6つの方法は、

  1. 自分の意識を変える
  2. できることから行動してみる
  3. パートナーとよく話をする
  4. 職場の同僚に相談する
  5. 子どもとの接し方を工夫する
  6. 職場を変える

6つです。

じゃっきー
6つの方法から1つでも実践していただくことで、現在悩んでいる子育てと仕事の悩みの解決の糸口になります。

【もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。】

後悔だけはしたくない!看護師の子育てと仕事の悩みに向き合う6つの方法

こちらもCHECK

後悔だけはしたくない!看護師の子育てと仕事の悩みに向き合う6つの方法

はじめに 本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師さんの中で 特に看護師の子育てと仕事の悩みに向き合うために具体的な方法が知りたい看護師さんへ向けて書いています。 ...

続きを見る

目次へ戻る

子育てしやすい環境への転職をめざせ!子育て世代の看護師にオススメの働き方

子育てしやすい職場への転職をめざそう!

  • 職場が時間外労働は当たり前
  • 業務が多忙すぎる
  • 休日出勤がある
  • 人間関係がとても悪い
  • 子育て世代に非協力的

といった子育てに適さない職場環境であるなら、転職をめざしましょう

毎日、仕事・家事・育児にしんどいなぁ。

と思いながらも頑張っている看護師さん、多いです

じゃっきー
そんなにがんばらなくてもいいよ〜。

と声をかけたくなります。

  • 業務が忙しすぎず
  • 定時に退社でき
  • 子育てに協力的な看護師の職場
・・・そんな職場なんてない。

看護師の職場なんて、どこも一緒だよ、きっと。

そう決めつけていませんか?

実は自分が知らないだけで、

世の中には理想にピッタリの職場が存在するのです。

今勤めている病院に、定年まで働かなきゃいけない。

そう思っている方がたくさんいるのは事実。

じゃっきー
人間が環境を変えるのはとても勇気がいりますからね。

しかし!

現在勤めている場所が

  • 自分ではどうにもできない悪い環境で
  • 自分が思い描く人生が送れない
じゃっきー
そう思っているなら、転職で自分が望む生活を手に入れた方が数倍、いや何百倍も人生が楽しくなるでしょう。

目次へ戻る

転職するならどう働くべき?子育て世代の看護師にオススメの働き方

オススメの働き方

  1. 正社員で夜勤を免除してもらう
  2. 正社員で夜勤はパートナーの休日に合わせてとる
  3. パートで働く

子育て世代の看護師であっても、正社員でがんばっている方はたくさんいらっしゃいます

しかし、

母親として、子どもとの時間をより優先したい。

と思うのであれば、ちょっとした工夫が必要です。

目次へ戻る

子育て優先なら日勤常勤がオススメ

子どもが小さいので夜勤はまだできないな〜。

というなら、夜勤を免除してもらい、日勤常勤を採用している病院もあります

じゃっきー
看護師は慢性的な人手不足で日勤に人がいてくれると助かるところは絶対多いです!

うちの病院でも、

「日勤だけで週4日来てくれる看護師さんが入職する。」

じゃっきー
なんて師長が言うもんなら、飛び上がるほどうれしいですもん(笑)!

こんな場合は、日勤常勤で募集がある病院を探すと良いでしょう。

転職のさい、先方に日勤常勤ができるかを確認してみるのも1つです。

じゃっきー
私が働く病院では、子育ての環境にあわせて日勤常勤で元気に働く看護師がいます。

看護師の転職サイトを使うと、

ちょっと自分では聞きにくいなぁ。

と思う内容を、キャリアアドバイザーが代わりにすばやく確認してくれますので安心です。

目次へ戻る

夜勤にもバッチリ入って収入を確保したい

正社員で子育てをしながら夜勤にも入りたい。

と考えているのであれば、パートナーの協力は不可欠です。

旦那さんが土日お休みだから、土曜日に合わせて師長さんに夜勤を組んでもらってる。

という同僚もいます。

近所に協力してくれる祖父母や親族がいる

という方は、ぜひ力になってもらってくださいね。

目次へ戻る

看護師パートで子育て中心を希望

パートタイムで働くのは、

  • 仕事を休みやすい
  • 希望する日数だけ勤務できる
  • 子育てを優先しやすい
  • 精神的にも負担が少ない

ので働きやすい形態といえるでしょう。

「月16日まで」って師長さんに伝えてる〜。

という看護師さんもいます。

じゃっきー
月16日だと”週4日働く計算になる”ので週休3日で心にも体にも優しいですよね。

また看護師はパートであっても女性の他職種とくらべて時給が良く、家計の1柱になることは間違いありません。

【もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。】

転職した後どう働くべき?子育て世代の看護師にオススメの働き方

こちらもCHECK

転職した後どう働くべき?子育て世代の看護師にオススメの働き方

はじめに 本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師さんへ向けて書いています。 本記事を読むと、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師 ...

続きを見る

目次へ戻る

子育て世代看護師のパート給料の現状

子どもが小さい頃はやっぱりパートで働いて、子どもとの時間を優先したい
じゃっきー
そう考える看護師は少なくありません。

しかし、そうはいっても、これから子どもが成長していくについて、

  • 食費や学費といった生活費が増えていく。
  • 将来に備えて少しでも多く貯金や投資をしておきたい。
じゃっきー
とお金の悩みが出てきますよね?

では、いったいパートの平均給料はどのくらいなのでしょうか?

じゃっきー
看護師のパート給料がどんなものなのか、少しのぞいてみましょう。

転職活動時の給料の目安にお役立てください

目次へ戻る

看護師パートの平均時給

看護師パートの平均時給は、

時給1,583円(平成27年)

ちなみに参考までに”正規雇用看護師(経験5年)”の給料を時給換算かんさんすると、

正規雇用看護師の時給1,969円 ※経験5年(令和元年)

また、パート看護師の時給は地域によって差があり、東京や大阪などの都市圏で特に高い傾向です。

高給与がいい。

という方は都市圏での転職がオススメです。

目次へ戻る

カンタンに月収を計算してみると?

前述の平均時給をもとに、各種の税金計算は抜きにして月給を算出してみました。

およそ1,600円 × 8時間/日 × 16日(週4勤務) =204,800円

じゃっきー
扶養内で働くか、そうでないかなどで色々変わってきますが、ご参考までに。

目次へ戻る

労働時間

労働基準法第32条では、原則として「1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけない」と定められています。

これはパート、正社員関係なくすべての労働者が対象です。

パートやアルバイト労働者に特別なルールがあるわけではありません

じゃっきー
同じルールの中だけれども、自分の都合にあわせて無理なく働けるというわけです。

【もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。】

理想は週3で働きたい!子育て世代看護師はパートの時給を知っておこう!

目次へ戻る

 

仕事を辞めたい!子育て世代の看護師が転職する5つの理由

悩みが整理され、

  • 自分がどんな将来を描き
  • どのような生活を望んでいるか

が、ハッキリとしてきたことでしょう。

子育てにしっかりと時間が取れ、自分も生き生きと働いている

じゃっきー
そんな姿を思い描く方は多いはずです。

看護師の離職理由のトップに子育て※1が挙げられていますが、

もちろん、それ以外の要因も絡みあって新天地を求める方がたくさんいるのは事実。

じゃっきー
では、みんなどんな理由で看護師を辞めて転職したいと思っているのでしょうか?

理由は人それぞれですが、”わが国のデータと私の経験(看護師歴10年、看護大学教員5年)”をもとに、

特に子育て世代の看護師が転職理由として挙げる5つをピックアップしました。

じゃっきー
他の看護師がどんな理由で辞めた(辞めたい)のかを知るとともに自分の転職への思いを明確にしましょう。

 

子育て世代の看護師が転職する5つの理由

転職の5つの理由

  1. 職場の人間関係がつらい
  2. 子育てを優先したい
  3. 家族と過ごす時間を増やしたい
  4. 給料が上がらない
  5. 自分を守りたい

子育て世代の看護師でも転職理由の上位にくる職場の人間関係

じゃっきー
かの有名な心理学者アドラーも「すべての悩みは人間関係によるもの」と提唱しています。

私も看護師になって新人のころは、

白衣の天使なんていない

って本気で思いました

女性が多い職場です。

じゃっきー
子育て世代だろうとなんだろうと、そりゃドロドロといろんなことが渦巻うずまいておりますよ( ;  ; )

また病院での医師の地位はまだまだ絶対的なところがあって、

医師の横暴な態度に離職を決意した。

なんて男性看護師もいます。

総合病院で働く看護師は若い女性が多く(新卒採用が多いため)「結婚→出産→子育て」がセットになってやってくるもの。

じゃっきー
日勤の激務や夜勤の負担から、子どもや家族との時間がとれずに悩む看護師は多いです。

さらに、

こんなに働いてがんばっているのに、給料はこれっぽっちも上がらない。

ことになれば、そりゃ誰だって看護師を辞めたくなります

いくつかの要因が絡みあって最終的には身体的にも精神的にも追い詰められることになる。

じゃっきー
そして自分自身を守るために辞める(新天地を求める)という選択肢をとっていくのです。

【もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。】

【仕事を辞めた本音】子育て世代の看護師が転職する5つの理由

こちらもCHECK

【仕事を辞めた本音】子育て世代の看護師が転職する5つの理由

はじめに 本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師さんへ向けて書いています。 本記事を読めば、わが国のデータとわたしの経験(看護師歴10年、看護大学教員5年)をも ...

続きを見る

目次へ戻る

転職したい子育て世代看護師必見!パートナーから転職を応援してもらう方法

大事なのは自分が転職するメリットをしっかり伝える!

じゃっきー
転職をするときは、必ずメリットとデメリットがあります。

その際、メリットが大きくデメリットを上回ることを伝えて安心してもらいましょう。

転職しても家庭での生活の安定が保障されるとわかれば、パートナーからの大きな反対はほとんどありません。

特に

  1. 経済的なこと
  2. 子育てに関すること
  3. 家事に関すること
じゃっきー
3つについて理解を得られるようにしっかりと話をしましょう。

【もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。】

子育て世代看護師必見!パートナーを不安にさせず転職を応援してもらう方法

目次へ戻る

【STEP2】 子育てしやすい転職先を徹底解説!メリット・デメリットを知ろう!

子育て世代看護師が働きやすい転職先!認知症病棟のメリット・デメリット

じゃっきー
子育て世代の看護師が”子育てのために望んでいる職場”ってどんな環境だろう?

と考えると、

  • 残業がない
  • 急な休みが取りやすい
  • 日勤常勤がある

といった項目が主要なものとして挙げられますよね。

特に

  • 残業がない
  • 急な休みが取りやすい

子育てをするには必須だと考えます。

じゃっきー
そこで、私、気づいたんですよ。

精神科認知症病棟で看護師主任を9年勤めている私からすると、

子育て世代看護師の転職先として認知症病棟がオススメやん!

と。

なぜなら、認知症看護

  • 医療の緊急性が低く
  • 感染症のリスクの面で身体的・精神的な負担が少ない
  • 残業がほとんどない

ため、子育てに時間を取りやすいからです。

じゃっきー
もちろんデメリットもあるのですが、子育てに時間を注ぎたい方にはピッタリの転職先です。

目次へ戻る

メリット・デメリットはこちら!

メリット

  1. 高度な医療技術がいらない
  2. 残業がほとんどない
  3. 入院受けの負担が少ない
  4. 家族からのプレッシャーが少ない
  5. 患者との人間関係にあまり悩まない
  6. コロナ禍といった感染症でも最前線になりにくい

デメリット

  1. スタッフの年齢層が高い
  2. 身体的な負担がある
  3. 認知症患者の対応のストレスがある
  4. 患者の体調不良に気がつきにくい
  5. 高度な医療技術が学べない

【もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。】

子育て世代看護師が働きやすい転職先!認知症病棟のメリット・デメリット

こちらもCHECK

子育て世代看護師が働きやすい転職先!認知症病棟のメリット・デメリット

はじめに 本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師さんへ向けて書いています。 本記事を読むと、子育て中の看護師さんが働くのにオススメの職場「認知症病棟のメリット・ ...

続きを見る

目次へ戻る

認知症病棟は子育て世代の看護師にオススメ!向いている看護師の特徴7選

総合病院の激務や人間関係がツライ職場で心身ともに疲れて子育てに支障をきたしている。

そんな方には、

  • 仕事もハードすぎず
  • ほぼ毎日定時退社できる

精神科認知症病棟への転職がオススメです。

じゃっきー
しかし、いくらオススメされても人間には向き不向きがありますよね。

そこで、認知症病棟で9年間「看護師主任」を勤めている私が、

じゃっきー
認知症病棟に向いているだろうな〜。

という方の特徴7選についてご紹介します。

特徴7選

  1. 明るい性格
  2. 高齢者との関わりが苦でない
  3. のんびりと看護がしたい
  4. 定時に帰りたい
  5. 急性期の病棟勤務経験がある
  6. 体力に自信がある
  7. 認知症を勉強したい
特徴7つすべてを兼ね備えています!

という方はもちろん、

じゃっきー
どれか1つでも当てはまるという方は、認知症病棟も転職先の1つとして候補にしておきましょう。

目次へ戻る

楽しい看護師ライフがやってきた!認知症病棟へ転職後の生活の変化

精神科認知症病棟への転職にすごく興味が湧いてきた。

という方もいらっしゃるでしょう。

じゃっきー
では実際に認知症病棟に転職してから、生活にどんな変化があったのか?

認知症病棟に看護師主任で9年間勤めている私の例を参考にご紹介します。

生活に起きた変化

  1. 家族とお出かけする頻度が増えた
  2. 休日は仕事のことを考えなくなった
  3. 妻や子どもたちにより目を向けられるようになった
  4. 家事を積極的に行えるようになった
  5. 自己投資の時間が増えた

精神科認知症病棟に転職してから間違いなく言えることは、

看護師の仕事よりも子育てや家族との時間、そしてプライベートに時間を使うようになった

ということです。

じゃっきー
”ワーク”と”ライフ”のバランスを最適にするのに認知症病棟への転職は良い選択肢の1つなのです。

目次へ戻る

子育て世代看護師の夜勤はどうしてるの?

私は男性看護師でいわゆる一家の大黒柱

じゃっきー
妻はパートなので、私が夜勤のときはしっかりと家と子どもを守っていてくれます。
じゃっきー
では、子育て世代の女性看護師が正社員の場合、どのようにして夜勤に対応しているのでしょうか?

職場の同僚を例にあげてご紹介をします。

大きくこの2つに分けられています。

  1. パートナーの休みに合わせて夜勤に入っている
  2. 日勤常勤で働いている

正職員で夜勤に入っている看護師は、パートナーの休日に合わせていることが多いです。

旦那さんが土日お休みだから、師長さんに「土曜日に夜勤をお願いします!」って頼んでる。
旦那に休みを調整してもらってる。

といったように、パートナーにしっかりと協力をしてもらっています

また、

子どもに手がかからなくなったら。

という条件で、日勤常勤をしている看護師もいます。

じゃっきー
子どもの手がかからなくなったらっていつ?(笑)

みたいなグレーな条件を病院もたくみに使いながら、子育て世代の看護師が働きやすいように配慮はいりょしています。

目次へ戻る

子育てしやすい看護の職場とは?転職するときに押さえておくべき7つの条件

精神科の認知症病棟で9年間、看護師主任をつとめ2児の父親である私が、

看護師の転職で経験した「転職するときに押さえておくべき7つの条件

についてお話をさせていただきます。

  • 私が転職したさいに、これは確認しておいて正解だった
  • この条件についてはしっかりと把握しておくべきだった
じゃっきー
というように成功や失敗がありました。

みなさんにはできる限り、転職による失敗を少なくしてほしい

そんな思いで7つの条件を厳選しました。

  1. 給料の現状維持&アップ
  2. 定時退社できる
  3. 急な休みにも寛容
  4. 有休消化しやすい
  5. 転勤がない
  6. 家から近い
  7. 夜勤は2交代

この7つの条件は、最低でも確認して自分が納得いくように押さえておきましょう!

じゃっきー
転職して正解だったと思える条件です。

目次へ戻る

【STEP3】 転職サイトに登録して、トラブルなく転職に成功する方法

子育て世代看護師が行きたい病院へスムーズに転職できるオススメの方法

転職をする方法には、

  • 知り合いに紹介してもらう
  • 自分で直接申し込む
  • ハローワークへ登録する
  • 転職サイトで探す

などの方法があります。

じゃっきー
すべてを経験した結果、私がオススメするのは間違いなく転職サイトの利用です。

なぜなら、たとえば「精神科の認知症病棟」といったように、ある分野へ特化した転職を希望するのであれば

転職先の情報をたくさん持っている転職サイトのメリットが尚更なおさらきわ立つ

からです。

さらに、

じゃっきー
転職支援がすべて無料で、転職希望者に対して転職成功まで「キャリアアドバイザー」が個人に合わせて様々なサポートをしてくれるんです。

目次へ戻る

転職サイトのメリット・デメリットを紹介

じゃっきー
転職サイトにもデメリットはもちろんあります。

よくあるデメリットには

  • 希望と違う求人を紹介される
  • 連絡がしつこい
  • 登録したのにほったらかし
  • 担当者でサービスに差がある
  • 複数のサイト登録で対応が大変になる

といったデメリットが見受けられますが、それを上回る豊富なメリットがあるんです。

 

転職サイトのメリットはこちら!

豊富なメリット

  1. キャリアアドバイザーに希望に合った求人紹介がしてもらえる
  2. 希望施設の細かな情報が入手できる
  3. 自分で病院情報を検索しなくて良いので、その分の時間を自由に使える
  4. 自分の希望をあらかじめ病院や施設に聞いてもらえる
  5. 履歴書などの書類作成・面接対策などの転職サポートがある
  6. 複数の転職サイトへの登録でたくさんの病院や施設情報を入手できる
  7. 自分に合ったキャリアアドバイザーにお願いできる
  8. 自分の紹介を先方へしてくれるので、相手が自分をどう思っているか事前に情報をキャッチできる
  9. 面接の日程調整もしてもらえる。
  10. etc

これだけのメリットがすべて無料!

じゃっきー
しかもキャリアアドバイザーのエスコート付きで受けられるのですから、使わない手はありません。

目次へ戻る

看護師の転職サイトは複数登録がオススメ!転職サイトの上手な選び方

転職サイトは複数に登録しよう

じゃっきー
転職サイトは3つ登録しましょう。

なぜなら、各転職サイトによって持っている情報がちがうところがあるからです。

もちろん、同じ情報が聞けたとしたら、その情報はとても信憑性しんぴょうせいが高いといえます。

Aサイトでは、

じゃっきーさんのキャリアでは臨床経験が少ないのでちょっと厳しいと思いますし、人気施設なので求人が出ないんですよ〜。

と聞かされた施設でも、Bサイトでは、

先日求人が出まして、じゃっきーさんが希望する条件にピッタリだと思うのですがいかがでしょうか?

と連絡があったこともあります。

つまり、

複数の転職サイトに登録しておくことによって、求人などの情報の取りこぼしを防ぐことができるんです。

情報の取りこぼしは、何も求人だけに限りません。

じゃっきー
希望する病院の情報を複数のキャリアアドバイザーから聞くことができるので、病院を決める判断材料としてメリットがあります!

しかし、複数の登録には注意が必要

「複数の転職サイトから同じ病院へ応募してしまう。」

といったトラブルもあります。

病院側に

  • 「複数の病院に応募してそうだな。」
  • 「自己管理ができなさそう。」

といった悪い印象を与える結果につながるとともに、

転職サイト側からの信頼も損なってしまいます。

そこで余計なトラブルを避けるためにも、転職サイトを複数登録していることは各キャリアアドバイザーに必ず伝えましょう

転職サイト側からも、

他にご利用のサイトはございますか?

なんて聞かれます。

じゃっきー
ウソはつかずに正直にお答えくださいね。

複数のサイトを利用しているからといって、責められたりしませんので。

むしろ、複数サイトに登録していると分かれば、

より良い施設を紹介して転職してもらおう!

となってキャリアアドバイザーさんが頑張ってくれることでしょう。

けれども転職サイトに登録しすぎると、

  • 情報の混乱であったり、
  • 各転職サイトへの対応で逆に疲れてしまって

転職サイトのメリットを十分に感じられなくなります

じゃっきー
3つのサイトへの登録がちょうど良い加減になっています。

目次へ戻る

転職サイトを選ぶポイント

じゃっきー
転職サイトを選ぶポイントは4つです。
  1. 全国展開している
  2. 自分が住む都道府県の情報がある
  3. 求人数が多い
  4. 利用者の口コミ

全国展開している転職サイトはいわゆる大手のサイトになりますので、たくさんの情報の入手につながります

じゃっきー
まず1サイトは全国展開している大手サイトに登録をしておきましょう。

地域限定の転職サイトもあるので、自分が住む都道府県が含まれているかを確認する必要があります。

じゃっきー
あとは求人数の多さ、実際にサイトを利用したことがある利用者の口コミが参考になるので必ず目を通すようにしましょう。

目次へ戻る

【転職に失敗したくない看護師さんへ】転職におすすめのサイト!

現役看護師がオススメする転職サイトは?

じゃっきー
私が登録したことがある転職サイトは以下の4サイトです。

ぜひ一度、各サイトの情報をご覧くださいませ。

  1. 看護のお仕事
  2. マイナビ看護師
  3. ナース人材バンク
  4. 看護roo!
じゃっきー
この中から3つの転職サイトに登録すれば、まず間違いはありません。

目次へ戻る

これで円満退職できる!看護師の仕事をうまく辞める退職理由の伝え方

じゃっきー
現在の仕事をうまく辞める退職理由の伝え方のポイントは3つあります。
  1. 日頃から上司と良い関係を築いておく
  2. 転職が決まる前にそれとなく退職をほのめかす
  3. 前向きな理由で辞めることを伝える

実際に退職を伝えるときのポイントも大事なのですが、より大切なのは退職理由を伝えるまでの前段階なのです。

退職を伝えるときに、

  • 上司との関係が悪ったり、
  • 突然に退職を言い渡したりしてしまうと、
じゃっきー
うまく辞めるのはむずかしいでしょう。

ポイント

日頃から良い関係を保ち、退職を考えたときには、それとなく「退職を考えている」と伝えておきます

じゃっきー
いわゆる、日頃からの根回ねまわしが重要なんです。

この前段階があった上で

夢に向かって頑張りたいです。

と伝えれば、

  • 突然の通告にならないので上司のダメージは少なく
  • 応援の関係になりやすく
  • 引き止めを最小限に押さえられ
じゃっきー
自分をさえぎるものは少ないでしょう。

目次へ戻る

面接の不安を吹き飛ばす!看護師転職の面接で気をつけたいこと6選

面接で気をつけたい6選

  1. 服装は清潔する
  2. 時間に余裕をもって面接に向かう
  3. 声は大きく・姿勢良く
  4. 志望動機をしっかり伝える
  5. 素直に思っていることを伝える
  6. 何か質問は?とあれば、聞きもれしていることを聞く

目次へ戻る

服装は清潔に!

じゃっきー
第一印象はとても大切です。
  • 基本的に黒や紺のスーツを考えておけば問題ありません。
  • シャツは白を着用すれば間違いないでしょう。

男性の方のネクタイは原色などの派手な色は避けます

じゃっきー
人は見た目が9割といった言葉が流行ったように、見た目が採用に左右するということは十分に考えられます。

目次へ戻る

時間には余裕をもとう!

面接の時間まで余裕をもって行動できるように時間を管理しましょう。

30分前には現地へ到着している。

じゃっきー
このぐらいの気持ちを持っておくべきです。

目次へ戻る

声は大きく・姿勢よく

じゃっきー
面接では姿勢をよくして、質問に回答するさいは大きな声で伝えます

大きな声は自分の自信を伺わせます

小さな声でしゃべるよりも相手にプラスの影響を与えられるでしょう。

目次へ戻る

志望動機は素直かつ前向きに

じゃっきー
志望動機は事前にスッと話し出せるまで練習しておくと良いです。

志望動機は必ず聞かれるので、素直に思っていることを伝えましょう。

  • 子育ての時間を確保したい
  • ○○が学びたい

といった、本音かつ前向きな回答を心がけるようにします。

目次へ戻る

「子育て世代の看護師が子育てしやすい病院に転職する方法」のまとめ

子育て世代の看護師は、子どもにしっかりと関わりたいのに

仕事の負担が大きい上にプラスαで家事まであって上手く関われていない

というジレンマをずっともって生活をしています。

じゃっきー
また出産や子育てで看護師自体を辞めてしまう人も多いんです。

そんな子育て世代の看護師へ、

子育てしやすい環境がある病院に転職すべし!

という方法をご紹介しました。

せっかく持っているステキな看護師資格をフルに活用してもらいたい!

その一心です。

【STEP1】〜【STEP3】までを段階的にふんでいけば、

スムーズに転職できて、無理なく看護師を続けられます

じゃっきー
私は兵庫県の田舎でのんびり看護師をしながら子育てを楽しんでいます。

今回は私が認知症病棟の看護師なので、認知症病棟の魅力を中心にお伝えしましたが、

認知症病棟にかぎらず、子育てしやすい環境や働き方に力を入れている病院や施設も多い

と思います。

じゃっきー
まずは転職サイトに登録して、キャリアアドバイザーさんと二人三脚で探せば良いんです。

ひとりで悶々もんもんとしているより、よっぽど効率よくピッタリの病院が見つかります

もちろん、

すぐに転職しなきゃ。

と焦らなくてかまいません。

転職サイトへの登録をして、”じっくりと選択すればいい”のです。

なんせすべて無料ですから。

本日ご紹介した中で、

認知症病棟で働いてみたい!

なんて思っていただけたら、とってもうれしく思います。

仕事に子育てに、そして自分の人生に。

本記事が少しでもお役に立てたら、これほど幸せなことはありません。

一緒にステキな看護師ライフをエンジョイしましょうね!

じゃっきー
ではまた。

 

目次へ戻る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

看護師じゃっきー

愛媛県出身。兵庫県にて看護師をしながら妻と息子2人の家族4人でのんびりと暮らす『じゃっきー』。2022年9月現在、精神科病棟の看護師主任9年目。2014年、心も体もツラかった看護大学の教員を辞めて思いきって看護師へ転職(臨床へ戻る)!今の職場は毎日、定時退社して「看護の仕事」「子育て・家族時間」「自分のための自由な時間」を満喫中!看護師10年、警察保健師3年、大学教員5年と「自分がやりたいことにはフットワークが軽い」ポジティブ・マンです♪

-【STEP3】転職の成功