【STEP2】転職先を知る

子育てで後悔したくない看護師にオススメの認知症病棟!向いている人の7つの特徴

はじめに

本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師さんへ向けて書いています。

本記事を読めば、「子育てや家族との時間」と「仕事」をバッチリ両立できる「認知症病棟」に向いている人の7つの特徴を知ることができます。

総合病院の激務や人間関係がつらくて、心身ともに疲れて子育てに支障をきたしてる。
じゃっきー
そんな方も多いのではないでしょうか?

仕事がツライ」=「生活がツライ

じゃっきー
といっても過言かごんではないですよね。

生活に重くのしかかる仕事のつらさが、まちがいなく

「子育てや家族との時間を楽しめなくさせている

と言っていいでしょう。

私は仕事の量も人間関係もブラックな職場だった看護大学の教員をしていたので、

じゃっきー
ツライ仕事が子育てや家族との時間を楽しめなくさせるのは痛いほどわかります。

そんな辛さから抜け出すために「精神科認知症病棟」の看護師へと転職

今は

  • 家族優先
  • 子育て優先
  • 自分時間の優先
じゃっきー
に重点を置いて生活を楽しんでいます。

仕事もハードすぎず、ほぼ毎日定時退社できる「精神科認知症病棟」は、子育てや家族のことを優先したい方にピッタリの転職先です。

【こちらの記事もチェック↓】

子育て世代看護師が働きやすい転職先!認知症病棟のメリット・デメリット

こちらもCHECK

子育て世代看護師が働きやすい転職先!認知症病棟のメリット・デメリット

はじめに 本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師さんへ向けて書いています。 本記事を読むと、子育て中の看護師さんが働くのにオススメの職場「認知症病棟のメリット・ ...

続きを見る

しかし、

じゃっきー
いくらオススメされても人間には向き不向きがありますよね。

そこで今回、「精神科認知症病棟」で10年間「看護師主任」を勤めている私が、

じゃっきー
認知症病棟に向いているだろうな〜。

という方の7つの特徴についてご紹介します。

認知症病棟に向いている人の7つの特徴

7つの特徴

  1. 高齢者との関わりが「わりと好き」
  2. のんびりと看護がしたい
  3. 定時に帰りたい
  4. プライベートを大切にしたい
  5. 急性期の病棟勤務経験がある
  6. 体力に自信がある
  7. 認知症を勉強したい

ぜひ認知症看護に自分は向いているのかどうか照らし合わせてみてくださいね。

じゃっきー
では早速いってみましょう。

 

認知症病棟に向いている人の7つの特徴

高齢者との関わりが「わりと好き」

私の体験からお話すると、もともと幼い頃から両親が共働きの家庭で育った私。

じゃっきー
祖父母からもたっぷりの愛情をかけて育ててもらいました。

生活の中で祖父母と関わる時間も長く、いわゆるおじいちゃん・おばあちゃん子だったんです。

その経験もあってか高齢者との関わりが昔から”わりと好きな方”でした。

ポイントは”わりと好き”というところ。

じゃっきー

まあ昔から、高齢者に優しく接するのが好きなんですよね。

ウチのおばあちゃんが家族と歩いていて、歩くのが遅れていたら一緒に並んで歩いたりとか。

ほんとちょっとしたことなんですけど。

けれども、めっちゃ関わるのが好きというわけではありません(笑)

たまにいるじゃないですか、

高齢者施設の職員が私の天職です!

みたいなひと。

そういう人を見かけると一歩さがってながめているような感じです(笑)。

なので「高齢者との関わりが、わりと好きだしではないな〜。」

じゃっきー
くらいで全然OKです。
めっちゃ好きじゃないと認知症病棟に向かないのかなぁ。

なんて思わなくて良いですからね。

こんな感じで、過去の経験から高齢者との関わりがあって、親しみやすいという方は認知症病棟の勤務に向いています

もちろん、

高齢者との関わりが好きです〜。

という方や、他の理由から高齢者には親しみがあるという方も認知症病棟では大歓迎ですからね。

目次へ戻る

のんびりと看護がしたい

看護師の日常は、早めに出勤しての情報収集から始まり、

  • バイタルサインの測定、内服管理
  • 褥瘡じょくそうや外傷・点眼などに至るまでの数々の処置
  • ルート管理やモニターのチェック
  • 入浴介助に全身清拭せいしき、口腔ケア、排泄はいせつ介助
  • インフォームドコンセント、検査同行、カルテ記録
  • 入院受け、退院指導
  • 家族との関わり、夜間のラウンド
  • 委員会の活動、看護研究
  • エンゼルケア

とたくさんの仕事がありますよね。

じゃっきー
少し書き出してみましたが、考えるだけでハードワークすぎて「おえっ」て吐きそうになります(笑)

ほんと勤務時間内に仕事が終わる気しませんし、

これに加えて殺伐さつばつとした看護師の人間関係がかぶさってくるのですから

のんびりと看護がしたい

そう思うのは必然ひつぜんです。

一般病院でおけるこの感覚をふまえた上で、認知症病棟はどうかというと、

じゃっきー
認知症病棟も決してヒマなわけではありません

しかし、

心にかかる負担がぜんぜんちがいます。

一般の総合病院に比べれば、

良い意味でゆるくのんびりと看護ができる心の余裕よゆうがある

んです。

先日、患者さんの同行受診どうこうじゅしんで某総合病院へ行きました。

そこで当院(認知症専門)を退職して救急外来で働いている同僚にバッタリ出会ったんです。

もう全然ちがうで。罵声ばせいとんでるもん。

認知症病棟みたいに「のんびり点滴しましょか〜。」

なんて言ってられへん。いつまで続くやろか。

なげいていました。

ちょっと特殊な事例だったかもしれませんが、総合病院の職場は多忙をきわめます

じゃっきー
ひと昔前にわたしが大学病院で勤務していたとき、忙しすぎてドンッとお尻とお尻がぶつかったときがあります。

すぐさま「すみません!」と双方そうほうあやまり、ふと顔を見上げると同期の看護師

じゃっきー
「なんや〇〇かい。」と笑いあったのを思い出します。

顔を見てる余裕さえないことだってありました

だんぜん、のんびりと看護がしたいと思うなら認知症病棟ですね。

じゃっきー
総合病院で働くよりも、はるかに気持ちの余裕ができます

目次へ戻る

定時に帰りたい

じゃっきー
認知症病棟では基本的にルーチンワークで定時までにすべて完了します。

決まった仕事が時間外になるということはまずありません

ですから、終業時刻の直前に「急変が起こる」というようなイベントがなければ、

ほぼ間違まちがいなく定時に上がれます

私の感覚でいうと、10日間の日勤があるとすれば1日残業があるかないか程度です。

その残業もたいしたものではなく、15〜30分カルテを記録して帰るくらい。

じゃっきー
定時に帰って、子どもや家族との時間をたくさん持ちたい方にはピッタリの職場だと言えるでしょう。

目次へ戻る

プライベートを大切にしたい

子育てや家族との時間を大切にしたい!

は、もちろんのこと、

じゃっきー
自分の時間もたっぷり持って夢を追いかけながら人生を謳歌おうかしたい!

そんな思いがとっても強い私です。

仕事一筋ひとすじにならず、

  • 自分の好きなことがたくさんやりたい
  • あくせくせずにのんびりと生活したい
じゃっきー
と、私のように考えている方もいっぱいいらっしゃるのではないでしょうか?

定時に帰ることができれば、

  • 通勤や準備の時間が2時間
  • 仕事の時間を8時間
  • 睡眠時間を6時間

とすると、残り8時間は自分のプライベートの時間です。

子育てや家族との時間もたっぷりあるし、自分だけの時間もきちんと取ることができるようになります。

私は、

  • 妻とおしゃべりする時間が楽しく
  • 子どもたちとお風呂に入って一日のイベントを聴くのがうれしく
  • みんなで一緒に食事をするときが何より幸せ

です。

じゃっきー
また、仕事以外で資格試験にチャレンジしたり、趣味のブログを楽しんだり生活が充実じゅうじつします。

プライベートを大切にしたい方に、認知症病棟はベストな職場です。

目次へ戻る

急性期の病棟勤務経験がある

認知症病棟といえば、ガッツリ慢性期まんせいきの病棟

急性期の病棟経験なんているの?

と思われる方も多いかもしれませんが、実は急性期の病棟経験はおおいに役立ちます

無くても問題はありませんが、急性期の病棟勤務経験があれば”なお良し”なんです。

え〜、そうなんですね?
私なんて耳鼻咽喉科しか経験がないから認知症病棟なんてムリかも。

気を落とされた方、大丈夫です

じゃっきー
私など新卒で循環器じゅんかんき内科と歯科(補綴ほてつ科)の看護師を11ヶ月して、そのまま保健師になったペーパー看護師でした(笑)。

しかも保健師では警察保健師

じゃっきー
ごっつい元気な警察官の健康管理しかしたことなかったんです。

そんな私が今や精神科「看護師主任10年目」ですから。ご安心を。

ちなみに急性期を経験していると何が役立つというと

認知症患者さんは物言ものいわぬ患者、いや、物言えぬ患者です。

「痛い、苦しい、辛い」が言葉で伝えられず平然としているように見えるのです。

じゃっきー
急変のあとで思い返すと「少しだけいつもより静かだなぁ。」くらいです。

そんなとき急性期できたえられた、

  • 「ん?ちょっと様子がおかしいぞ。」という感覚や
  • いきなり急変したときの対応

必ず役立ちます

今回は急性期の病棟勤務経験とあげましたが、

実は各種内科、耳鼻咽喉科、皮膚科など経験された看護はすべてすぐれた認知症ケアにつながります

じゃっきー
自信をもって認知症看護にお役立てください。

目次へ戻る

体力に自信がある

認知症ケアと言えば、おもにADLを支援することになります。

なので、体力に自信がある人に向いています

特に体力を使うのが、

「入浴介助」と「排泄介助」。

重度の認知症ともなると、こちらが伝えたいことが上手く伝わりません

じゃっきー
認知症ケアにおけるテクニックを使ったとしても、介護抵抗にあうこともしばしば。

そんなときはどうしても体力がいります

どうしよう?私は体力に自信がないよ〜。

という方もいらっしゃると思います。

その点はご安心ください

自慢できるものではないですが、

じゃっきー
「体力が大事ですよ〜。」と言っている私も特に体力に自信があるわけではありません(笑)

「おい!(笑)」とツッコミが入りそうですよね。

じゃあ、こんな特徴を入れないでよ〜。

と思われるでしょうが、認知症看護で体力があるにしたことはありません

話を聞いたけど、認知症ケアってきっと楽だよね。

と思って転職してしまうと、「こんなはずじゃなかった!」と感じてしまうでしょう。

  • 入浴介助
  • 患者さんの衣類の着脱ちゃくだつ
  • オムツ交換
  • トイレ介助
  • 移乗の介助

と、腰をかがめて体を動かすことが多い認知症看護師

じゃっきー
元気な心と体が大切になってくる仕事なのです。

目次へ戻る

認知症を勉強したい

多くはいらっしゃらないでしょうが、

認知症を勉強したい!

という方もいらっしゃるでしょう。

  • 認知症は誰もが知っていて
  • 誰もがなってしまうかもしれない

世界の課題となっている病気

です。

しかも、高齢社会に突入した日本では今後さらに重要視される認知症看護

じゃっきー
勉強し、実践を経験しておいてそんはありません

新薬の開発(レカネマブなど)が進み、看護の現場もこれからどんどんと変わっていくことでしょう。

  • 認知症を専門にしたい方
  • 興味があるという方も

ぜひトライするつもりで認知症看護に一歩みだしてください

目次へ戻る

認知症病棟に向いている人の7つの特徴のまとめ

以上、認知症病棟に向いている人の特徴を7つあげてみました。

いくつ当てはまったでしょうか。

すべてをそなえています。

という方はもちろん、どれか1つでも当てはまるという方も、

認知症病棟って

  • 子育てや家族の時間を大切にできる
  • プライベートも充実できる
  • 将来もまだまだ活躍できる大切な分野
じゃっきー
だと知っていただき、興味を持っていただければこれほど嬉しいことはありません。

一度きりの人生、素晴らしい生活が送れるようになることを心から応援しています

じゃっきー
ではまた。

 

ご相談やご質問はこちら

じゃっきー
職場や転職でのお悩みごとなどがございましたら、下記よりお気軽にメールでご相談くださいませ。

認知症病棟のお話ならお役に立てますので、いつでもお声かけください。

「相談や質問」に関するお問合せ

 

Twitterでフォローする

じゃっきー
Twitterもやっていますので「ブログ見ました♪」とお気軽にお声かけくださると、とてもうれしいです。

Twitterアカウント→「じゃっきー@Jackey2706

 

オススメの記事はこちら

子育て世代の看護師さん必見!子育てしやすい病院に転職する方法

こちらもCHECK

子育て世代の看護師さん必見!子育てしやすい病院に転職する方法

はじめに 本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師へ向けて書いています。 本記事を読めば、子育てや仕事の悩みを見つめ直す機会をもつことから始まり、段階をふんでスム ...

続きを見る

 

目次へ戻る

 


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

看護師じゃっきー

愛媛県出身。兵庫県にて看護師をしながら妻と息子2人の家族4人でのんびりと暮らす『じゃっきー』。2023年1月現在、精神科病棟の看護師主任10年目。2014年、心も体もツラかった看護大学の教員を辞めて思いきって看護師へ転職(臨床へ戻る)!今の職場は毎日、定時退社して「看護の仕事」「子育て・家族時間」「自分のための自由な時間」を満喫中!看護師11年、警察保健師3年、大学教員5年と「自分がやりたいことにはフットワークが軽い」ポジティブ・マンです♪

-【STEP2】転職先を知る