【STEP2】転職先を知る

つまらない看護師生活におさらば!認知症病棟へ転職後の良い生活の変化5選

はじめに

本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師さんへ向けて書いています。

本記事を読めば、子育てや家族との時間を充実させやすい職場である「認知症病棟」へ転職したあと、生活に起こった5つの良い変化を知ることができます

「子育てや家族との時間」といったプライベートの時間を確保しやすい精神科「認知症病棟」にすごく興味がいてきた

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

じゃっきー
認知症病棟は、仕事もハードすぎず、ほぼ毎日定時退社できますからね。

働きながら子育てしやすい環境にあることは間違いありません。

そこで、精神科「認知症病棟」の看護師主任となってはや10年

  • 子育て優先
  • 家族優先
  • プライベート優先

生活をしている私が、

じゃっきー
実際に認知症病棟へ転職してから、生活にどのような良い変化があったのか?

例をあげながらご紹介させていただきたいと思います。

【転職後に起こった5つの良い変化はこちら】

5つの良い変化

  1. 妻や子どもたちの話を聴く余裕ができた
  2. 家族とお出かけしやすくなった
  3. 休日は仕事のことを考えなくなった
  4. 家事を積極的に行えるようになった
  5. 自己投資の時間が増えた
じゃっきー
ご自身の将来の生活を考える上で、ぜひともご参考としていただければ幸いです。

ではさっそくいってみましょう。

 

認知症病棟へ転職後の良い生活の変化5選

妻や子どもたちの話を聴く余裕ができた

「認知症病棟」に転職した後の良い生活の変化として、真っ先にげられるのは、

妻や子どもたちにちゃんと向き合って、話を余裕よゆうができたこと

です。

看護大学の教員時代は、

  • 通勤時間が2時間
  • 人間関係も悪く長時間労働で

家族と向き合ってゆっくり話す時間も余裕もなかったです。

家事も育児もほとんど妻のワンオペで、とにかく

仕事で成功して給料をアップさせれば家族に還元かんげんできる

と考えていました。

じゃっきー
まさに仕事最優先、昭和の男でした。

話を聴く余裕ができたことで、私の仕事に関連する妻のイライラが減りました

じゃっきー
定時に退社し、帰宅してから30分ほどは、お茶を飲みながら妻と会話をする時間です。

今日あったできごとを妻から聴いているだけですが、

  • 何があったのか
  • 何に悩んでいるのか
  • 何をして欲しいのか

などがわかり、妻の考えに合わせて行動できるようになりました

じゃっきー
夫婦のコミュニケーションがグッと増えたんです。

また、子どもたちとは、夜勤をのぞけば、いつも一緒にお風呂へ入ることができるようになりました。

お風呂では今日のできごとを必ず聴くようにしています。

毎日続けていると、

  • 「ねえねえ、お父さん。今日はこんなポケモンつかまえたよ。」とか
  • 「友達にイヤなことされた。」とか

悩みごとや楽しかったことなどを、自分からたくさん話をしてくれるようになりました

家族として良い方向にまとまっていく

そんな感覚があります。

じゃっきー
自分に時間と気持ちの余裕ができたことによる「良い変化」です。

目次へ戻る

家族とお出かけしやすくなった

じゃっきー
認知症病棟へ看護師として転職後は、休みが取りやすくなりました

毎月、何もなくても有給休暇きゅうかを1日は入れるようにしています。

家族から要望があれば、平日の委員会さえければ、どこでもお休みを取ります。

家族にとって大事なイベントがあるなら、委員会でも休みますが(笑)。

認知症病棟へ転職して、かなり考え方も

家族最優先

に変わりました。

じゃっきー
仕事なんて自分がいなくても、何ごともなかったかのように回ります。

家族の中での父親、夫は私1人で交替こうたいはできません

から、しっかりと役割をはたします。

  • ショッピングセンターへのちょっとした買い物からはじまり
  • 外食
  • 帰省など
じゃっきー
時間の余裕と休みの取りやすさから、家族でお出かけしやすくなりました

妻が陶器とうきを集めるのが趣味で、家族で「陶器まつりイベント」に参加することがあります。

家族で来れてうれしかったわ〜♪

じゃっきーくん、連れてきてくれてありがとう。

よろこんでくれると、すごくうれしいです。

目次へ戻る

休日は仕事のことを考えなくなった

休日は仕事のことをいっさい考えなくなりました(笑)

入職にゅうしょくしたての頃や、人間関係でごたついたりする時は、休日でもモヤモヤしたりしていました。

じゃっきー
今でも人間関係でモヤっとするときはたまにありますが、

それ以外は、

病棟を出た瞬間しゅんかんから、仕事のことは何も考えません

じゃっきー
今日は何をしようかな〜。

と、自分のプライベートをどう充実じゅうじつさせるかに思考しこうがシフトしています。

じゃっきー

看護大学の教員時代は、休みの日も研究のことは常に考えていました。

また看護師のように申し送りが終われば、「あとは人に任せて。」なんてことができませんからね。

だから仕事のやりくりが頭の片隅かたすみに残ってしまうんです。

認知症病棟へ転職して、そんな仕事への足枷あしかせがなくなって、

自分のプライベートだけを考えることができるようになった

なんて、こんなに素晴らしいことはありません

目次へ戻る

家事を積極的に行えるようになった

じゃっきー
気持ちに余裕ができたぶん、家事も積極的に行えるようになりました。
  • お風呂そうじ
  • 布団をたたむ・
  • ゴミ集めとゴミ出し
  • 洗濯物干しなど

をやるようになったんです。

昔は、家事を手伝うという意識でした。

じゃっきー
今は自分の仕事として取り組んでいます

最近は長男が大きくなってきたので、お風呂そうじをまかせられるようになりました。

じゃっきー
とても頼りになります。

妻任せにせず、自分ごととして、これからもやっていきます

家事に関しては、もともと妻と一緒にやっていきたいと思っていましたが、仕事が生活の重荷おもにになってくると、どうしても

  • 疲れてるから
  • 忙しいから

と、できない言い訳をつくって、妻にしてもらっていました。

じゃっきー
仕事の負担が軽くなったことで、生活時間が増えて心も軽くなり、行動ができている自分がうれしいです。

目次へ戻る

自己投資の時間が増えた

精神科「看護師主任」として転職して10年がたつと、

じゃっきー
おさなかった2人の息子たちもすっかり「小5と小3の少年」になり、だいぶ手がかからなくなりました。

すると今では、自分の時間も多く持てるようになっています

私はその時間を「自己投資に使うようになった」んです。

じゃっきー
転職する前は、将来を見すえた「自己投資」なんて考えられませんでした。

研究一本で「教授」をめざす。

それはそれで素晴らしい夢だったのでしょうが、なんか面白味おもしろみのない人生です。

近況きんきょうでは、

  • 趣味でブログを始めたり、
  • Twitterの情報発信やライティングの勉強をしたり、
  • 資格試験にチャレンジして「簿記3級と2級の資格」をとったりと、
じゃっきー
看護師とはまたちがった自分の興味がある分野にもどんどん挑戦して楽しんでいます。

 

転職後に後悔はない!?

結論を先にお伝えすると、「後悔こうかい微塵みじんもありません。

本当に今の生活に満足しています。

何より子育てと家族に時間を使えたことで、妻と息子たちと「とっても良い関係」をきずけています

ケンカもいっぱいしますが、仲良し家族です(笑)。

ただ、転職でもっと注意しておけばよかったと思ったのは給料です。

大学教員の仕事をしていたときは、

仕事の激務や人間関係の悪さからだっして、もっと子育てや家族のこと、プライベートを充実させたい!

にばかり目がいっていたんです。

そうすると、大学教員から看護師になったので「給料がガクンと下がり夫婦ゲンカが増えました」。

『金の切れ目がえんの切れ目』

「まさにそのとおりだなぁ。」

実感しましたね(笑)

お金がないと、心に余裕がなくて夫婦もお互いがイライラします。

ことあるごとに、お金がないとイヤな雰囲気になるんですよね〜。

現在は夜勤回数も増え、生活に支障なくやれています

教訓として、特に

転職のさいに家庭の経済的なはしらとなる人は、給料が低くなる転職は絶対にしてはいけない

と思いましたね。

目次へ戻る

「認知症病棟へ転職後の良い生活の変化5選」まとめ

精神科「認知症病棟」に転職し1番良かったことは、

仕事よりも子育てや家族との時間、そしてプライベートに時間を使えるようになった

ということです。

仕事を生活の中心にしたくない

じゃっきー
という、自分の希望が実現できたわけです。

認知症病棟への転職は、

仕事と「子育てや家族との時間」の両立をしたいと考える方に最適な選択肢の1つ

です。

じゃっきー
子どもが育っていくのは、本当にあっという間だと感じています。

思い切って転職し、妻や子どもたちと触れ合う時間を増やして本当に良かったです。

家族の思い出が増えるとともに、家族のキズナが深まり、より仲良くなりました

子どもたちが私にくっついて来てくれるのも、あと少しかもしれませんが、

その貴重な時間に、たっぷり愛情をかけて関わり子育てしたいと思います。

じゃっきー
妻の話を聴く時間も大切に過ごしていきます。

みなさんにも、家族とのステキな時間が増えることを心より願っています

本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

じゃっきー
ではまた。

 

ご相談やご質問はこちら

じゃっきー

職場や転職でのお悩みごとなどがございましたら、下記よりお気軽にメールでご相談くださいませ。

認知症病棟のお話ならお役に立てますので、いつでもお声かけください。

「相談や質問」に関するお問合せ

 

Twitterでフォローする

じゃっきー
Twitterもやっていますので「ブログ見ました♪」とお気軽にお声かけくださると、とてもうれしいです。

Twitterアカウント→「じゃっきー@Jackey2706

 

オススメの記事はこちら

子育て世代の看護師さん必見!子育てしやすい病院に転職する方法

こちらもCHECK

子育て世代の看護師さん必見!子育てしやすい病院に転職する方法

はじめに 本記事は、子育てや家族との時間を大切にしたいけれど、できなくて悩んでいる看護師へ向けて書いています。 本記事を読めば、子育てや仕事の悩みを見つめ直す機会をもつことから始まり、段階をふんでスム ...

続きを見る

 

目次へ戻る

 


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

看護師じゃっきー

愛媛県出身。兵庫県にて看護師をしながら妻と息子2人の家族4人でのんびりと暮らす『じゃっきー』。2023年1月現在、精神科病棟の看護師主任10年目。2014年、心も体もツラかった看護大学の教員を辞めて思いきって看護師へ転職(臨床へ戻る)!今の職場は毎日、定時退社して「看護の仕事」「子育て・家族時間」「自分のための自由な時間」を満喫中!看護師11年、警察保健師3年、大学教員5年と「自分がやりたいことにはフットワークが軽い」ポジティブ・マンです♪

-【STEP2】転職先を知る